みんな自分が一番苦労しているって思う

些細な会話の一言で切りつけられた話。
もうかれこれ10月の中旬から夜勤ばっかりDEATH。
昼間に働いたのが、たった2日。今月はたった1日。夜勤の当直手当も変わらないまま頑張ってるよ自分…

そろそろ無理が祟りだして、レッドブルを注入する量も増加。そこでも間に合わずにカフェインの錠剤を摂取してごまかす日々。
クオリティ・オブ・ライフ。QOLもあったもんじゃない。
昔はAOLからエロサイトを見つけていたなぁ。インターネット黎明期バンザイ。

それはそうと、そんな夜勤ばっかりで心が荒みだしている自分。会社で交代時、来月の予定の話になったときに、自分の予定をさり気なく聞いてみました。
そこで出た答は・・・
また1ヶ月夜勤が続く予想。
3ヶ月目に突入か?
そこで自分の器のちっちゃいところでしょうね。表情に出ちゃったと思います。
それを察した上司の掛けてくれたありがたいお言葉…

「いいじゃん。夜のほうが楽じゃん」

きっと自分のような台湾料理並みに器が小さい人間に掛けてくれたフォローだと思います。
それでも器は小さい上に酷使されてボロボロになっていたようです。
割れて砕けた自分の器。そのありがたいフォローを決して好意的には受け入れられない自分がいました。

何を根拠に「夜が楽」なんでしょう?
当初、夜勤が続いてしまったときには「悪いね」なんて言葉があったのに…
当たり前になる恐怖。きっつー。
こちとら楽だと思って仕事はしたこと無いし。毎日が真剣勝負のつもり。そんなこんなですり減った精神に追い打ちをかけるありがたいお言葉…
もう自分が夜ばっかりいるのが、異常事態ではなくありふれた日常になっているんですよね。習慣ってこうやって出来上がるんですよね〜
ビバ・ライフハッキング!

きっと、声を掛けてくれたときはフォローの意味だったと思いますよ。
誰がどう見ても。でもどうだろう?
今はそれが当たり前。声を掛けてくれた上司は仕事量が膨大で苦労しているというのが一目瞭然。そこを感じ取って、それを踏まえてみんなよろしく!っていう空気。
えぇ。分かりますとも。みんな大変です。仕事に楽なことは無いのです。
各々で自分が一番頑張っている、苦労しているって考えるのですよね。
そういう心理状態で掛けられた「いいじゃん、楽で」的なアツいお言葉。御真言。

ええ。
しっかり刻み込みましたよ。
一旦受け入れますけど、これが続くようならとある行動を起こそうという決心と一緒にね。
そうやって心が荒んだまま、今夜も夜勤に向かうのですよ。
今確実に言えるのは、きっと自分の前世は殺生を繰り返した生臭坊主だったと思います。
そのカルマが今まさに降り掛かっているのでしょうが・・・
これだけ現世で苦労したならば、きっと来世は王侯貴族な人間でしょうね。
その前に無間地獄コースですが。
人生ゲームに出ないかな?

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク