みんな平等なんてヌルいこと言ってんじゃねぇよ!

今年も残す所あと12日。
年の瀬ムードでショッピングモールなんかは人でいっぱい。近所のイオンで買い物ついでにラウンジで休憩してきたのですが満席。
年末は募金やら炊き出しなんてのもチラホラ見かけます。
政治家も次の選挙のための種まきとばかりに街頭演説を行います。

消費税を論じる政治家が口を揃えて言う言葉は、平等という言葉です。

自分は平等が大嫌いです。

スポンサーリンク



格差社会というのはいつの時代でも存在していました。
学生時代に歴史の授業で習ったのは士農工商です。武士が一番位が高く、農民、職人、商人という順位。実際はどうかは分かりませんが、この時代から格差はありました。
これは日本だけでなく海外でもあったと思います。
ヒンドゥー教ではカースト制が存在し、ブラフミン、クシャトリア、ビアイシャ、スードラと4つのカーストが存在し、カーストを超えて結婚する事が出来ないばかりか、食事を共にする事すら禁止。
生まれた時から身分が決められてしまっていたのです。

20171219 img 01

現代の格差社会は身分ではなく、収入の面が大きいと思います。富裕層と貧困層の収入差から来る生活レベルの違いを格差と呼んでいると思います。

では格差が無く、国民全員が同じだったらどうなるか?

餃子の王将で餃子を10皿食べる人も1皿の人も支払う額は同じ。
毎日遊んでいる人も、厳しい環境で仕事している人も収入が同じ。
極端な話ですが、格差を無くすという事は全員が同じ生活をするという事を意味します。貧乏も金持ちもいません。
貯金する人も使いまくる人も差が出てしまってはいけないのです。

そんなのはまっぴらごめんです。

どれだけ頑張っても、どれだけ努力しても報われない。結果が同じ。
そんな未来が待っていたら、全くやる気が出ません。

相変わらず毒づいた毒男生活ですが、屋根のあるところで好きに暮らしています。
派遣屋時代に遭遇した、目的もないその日暮らしの連中、8年前から軽蔑の対象として個人的に蔑んでいるのですが、アイツらと同じ土俵に立つ?冗談じゃないですよ。
こちとら富裕層では無いにしてもそこまで貧困層ではありません。
派遣会社の寮を追い出されて棲むところが無く、布団が入っていたようなビニールの手提げに家財道具を詰めて街中をさまよう。何年か経ってたまたま近所のコンビニに出かけたら、あの時と同じ布団の袋を片手に店にも入れてもらえずにズタボロに汚れて座っていたアイツとは違うのです。
ごめんなさい。ある特定の人物を連想して書きました。

20171219 img 02

富裕層が高い料理を食べ、大きな家に住んでいたとしても、それは個人が努力したか、その親や先祖が努力した結果です。
他人を羨んでどうだこうだと言う前に、自分がどうすれば近づけるのか?
自分が出来なくても後続にそうなれる道を作ってやれないか?そう考えしまいます。

だからこそ、声を大にして言いたいです。

汚い言葉を使うな!と叱られるかもしれませんが、言わせて頂きます。

みんな平等なんてヌルいこと言ってんじゃねぇよ!

です。

言いたいことは平等ではなく、公平な世の中を望みます。

努力した人が報われる、結果を出した人が評価される、そんな世の中であって欲しいです。

働きたくても働けない人にしっかりとした対応を。
働けるのに、働かない人には、それなりの対応を望みます。

頑張った人が報われる世の中になって欲しいですね。

アストロ 羽毛布団収納ケース 3枚組 持ち手付き 青色 厚手不織布製 かさばる羽毛布団もスッキリ収納できます! 102-15
by カエレバ
スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク