楽天証券の楽ラップに10万円突っ込んでみました

 

現在はWealthNaviやTHEOなどの独立系ロボアドバイザーサービスが話題です。
証券会社でも個々に独自の色を出したロボアドバイザーサービスを行なっています。

 

スポンサーリンク



 

20171225 img 01

 

松井証券の投信工房、楽天証券の楽ラップ、マネックス証券のMSV LIFEなどが特に有名です。
今回は前々から気になっていた楽天証券の楽ラップを始めてみました。

 

そもそも楽ラップって何それ?おいしいの?って方もいると思いますので簡単に説明。
大切なお金を増やしてもらうために、証券会社で運用して売買してもらうのですが、その判断ってだいたい証券マンがやるってイメージですよね。
銭ゲバのジジイが虎の子の500万円くらいのまとまったお金をアレコレやって貰う。
それで元手より儲かればいいのですが、ちょっと失敗すると・・・ってこともあります。

 

それを人間を介さずにロボット=AIがやってくれるというサービス。
人間がやらないので手数料が安い、初期費用も安いので誰でもできるシロモノです。

 

とりあえず面白そうだったので10万円突っ込んでみました。

 

最初に15問の質問をされて性格分析。運用コースを提案してくれます。
それを元に微調整して、お金を預けて運用開始。
開始してこんな感じになりました。

 

20171225 img 02

 

外国株式と外国債券が比較的多めw
もし来年、戦争でも起こったらどうなるのかな?
まずは半年くらい様子を見て今後の増資も含めて判断したいと思います。

 

放置するだけでお財布が重くなってくれたらいいなぁーーー

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.