頭は低く 目は高く 口慎んで 心広く

 

無事に年が明けました。
あけましておめでとうございます。
っていっても大晦日からの4連勤を完走してからの、夜勤明けに不眠で初詣・サウナという年始恒例、自分のすす払い。
そして日取りもよく、自宅で1.4東京ドームを新日本プロレスワールドで観戦。
まさかの6時間超を飲みながらテレビ前にかじりつく荒行をこなしました。

 

スポンサーリンク



 

20180105 img 02

 

本来なら元旦に年始の誓いを立てるのがベストでしょうが、正月をまたいで仕事納めも仕事始めも関係ないので、個人的にキリの良いところで仕事始め。
そもそも年ごとに主義主張を根本から変えるほど、浅はか・・・いやグローバルな思想を持っておりませんので。自分の座右の銘というか、ミッションというか、簡単に言えば自分の原理原則は変わらないで行こうと思います。

 

根本の部分を不変のまま(変態ニ不ズという意味ね)、2018年を走り抜けるためには、どのような姿勢で進んでいくかを明示しておいたほうが便利。言うだけ番長にならないように、地図無しで突っ走らないように、方針を立てて置いたほうがいいです。
それがこのコトバに集約されてます。

 

頭は低く 目は高く 口慎んで 心広く

 

 

これは空手家・大山倍達(マス大山)の名言 『頭は低く、目は高く、口慎んで、心広く、孝を原点とし他を益する。』から抜粋

 

『頭が高い』と言うが、頭を高くしすぎて人を見下ろすような態度を取る人間に、賢い人間なんかいません。『偉そうな人間に、偉い人間はいない』のです。
だからといって、自分が見る目線の高さは、低くてはダメ。
口は災いのもと。様々な人を受け入れる寛容な気持ちを持っていれば大丈夫そうな気がします。
自分自身だけが満たされる少欲を控え、自分の周囲を満たすような大欲をもって臨もうって心持ちで行こうと思います。

 

20180105 img 01

 

日々の言動も、このブログも、SNSも。
ネガティブなコトバを控えて。どうしても吐き出しそうになったら、逆にいい部分を見ます。どんなに劣悪な人物でも1ミクロンくらいはいい部分はあるものです。悪人にしない。これが大事です。イヤな人物のいい部分はたいてい物悲しくて面白いものです。
面白く見えるような物の見方をしていこうと思います。

お金や幸せって「引力」がありますからね。
自分自身にいっぱい持っていれば、自ずと集まってきます。
そんな感じで2018年(後厄も無事に過ごしたきれいサッパリな年)を生きていこうと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.