時間は限りあるもの

人生は短い、光陰矢の如し、時間は有限。
このような文言は嫌と言うほど聞かされてきたし、読んだりしてきたのに。
そして自分でもそれはよく理解し納得しているのに、なぜ時間を有意義に使えないのでしょう?なぜ無駄に時間を使ってしまうのでしょう?

スポンサーリンク



とくに10代、20代は人生のなかでも一番大切な期間だと思いますが、情けないことに自分はドブに捨ててしまいました。
今からでも拾えるのなら、ドブだろうが下水だろうが飛び込みたいです!
でも現実は違います。
後ろへは戻れないんですね。
なぜ時間は有限だとわかっているのに、無駄にしてしまうのか。

きっと目に見えないものだからでしょうか。
無駄に時間を使っているという実感がわかりづらい。
努力は結果が出るのに時間がかかるというのも原因のひとつかもしれません。

Img20160216 1

なので寝っころがってお菓子食べながらテレビをみたり、休日は昼ごろに起きベットの中でスマホ片手にネット、と快楽のほうへ時間を使ってしまうんです。
これはすぐに効きますから。
結局は人生の残された時間を実際に計算して、危機感を常に持ち、自分をコントロールして努力と息抜きにバランスよく時間を使う。
これしかないです。時間をうまく使う。
まったく、これは人生の課題ですね。
落第者は地獄行きでしょう。

自分は確実に地獄行きの人間。どんな責め苦が待っているのでしょか?
ユタを馬鹿にされて鬼と化したケント・デリカットに俺がかけているメガネを高速で前後に力づくで動かされ、こめかみあたりの皮膚がどんどん剥がれる地獄だったり・・・
あるいは、リッツパーティーに招待されるも、自分のリッツにはクサヤしか乗ってない地獄だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク