フリースタイルなブロガーになりたい(口だけ)

お恥ずかしい話ですが、あえて宣言します。

「お金が大好きです!」

カネの魔力に魅せられ、カネのニオイに敏感です。
新日本プロレスでもカネの雨を降らせるレインメーカー、オカダ・カズチカ選手が一押しです。
もちろん普段のコトバの語尾には「〜ゼニ!」ってなっちゃうゼニ。本当に鬱陶しいゼニ!
ゼニゼニ〜

そんな金の亡者な自分でも、お金の大切さは人並みに持っていると思います。昔、苦労したおぼえもありますし、知人で地獄を見た人がいます。
今までの仕事柄、「時は金なり」って格言をリアルに感じるシチュエーションにも出会って来ました。

・・・と同時に昨今のブログで金儲けしている意識高そうな人たちへの嫌悪感もありました。
ほら、あのフリーランスって人たちですか? プロブロガーとかユーチューバーって人種ですか?
そういう人たちへの思いです。

自分の意見をホームグラウンドである己のブログや◯◯チャンネル上で、忌憚なく発表したり、好きなモノを紹介したりしてお金が入る。
収入が入る=仕事として成立する。例え投銭でもお金に貴賤はありません。
好きなことを仕事にする、素敵です。
何よりその自由さに痺れる・憧れるウゥぅゥゥ!ってやつです。
社畜な自分にとって彼らの自由さは羨ましい限りです。

20180409 img 01

でも一周回って、今はそんな風にならなくてよかったと思います。
本当に思います。大切なことだから2回言いました。

なぜなら、彼らプロブロガーさん達はそんなに自由ではないと気付いちゃったからです。
好きで書いていたブログが生活の糧になる。仕事になってしまう。
ブログへの価値観が変わってしまうのです。
毎日のアクセス数やアドセンスや広告へのクリック回数に一喜一憂する生活。
表向きの華やかさ、自由さをウリに社畜を集めてブログセミナーで金儲け。
挙げ句に仮想通貨に手を出して、激しいアップダウンで毎日ジェットコースター気分を味わうのです。
果たしてこれって素敵な生活でしょうか?
仮想通貨で一山当てたごく一握りの人間が「億り人」なんて名乗ってしまう。その水面下で失敗してしまい、小豆相場に身代突っ込んだ爺さんみたいに棺桶へINです。
本職の送り人に死化粧されるハメになります。

これって「憧れていた自由」では無いです。
囚われている対象が会社やしがらみかお金そのものかの違い、ただそれだけでは無いでしょうか。

でも自分はそんなプロブロガーさんを決して軽蔑しません。ゴミ扱いしません。
自分たち社畜と、彼らの信じているもの、宗教が違うんだって捉えています。
むしろ異文化の宗教に触れて新鮮!って考えています。
当初「文章を書くことが大好き!」「好きなことを仕事にする俺ちゃんって意識高いだろベイベ〜?」ってのたまっていた方々が仮想通貨にのめり込み、毎日書くエントリーがお金の話ばかり。
徐々に変節していく姿を拝見することが、今の自分にとっての数少ない娯楽のひとつ。
その変わっていく過程を楽しみ、変節しだす前後のエントリーを見つける事が楽しいのです。
シフトチェンジしたブロガーさんを陰ながら応援したいのです。
自分にとってブログとは鬼畜の所業。
書かなくてもいいような己の恥をツラツラと記す場です。

でも、ブログやYouTubeで生計を立てることを否定しているわけでは無いですよ。
言いたいのは、自由であって欲しいのです。
収益やPV数なんかの数値的目標を掲げることに違和感を覚えるのです。
ましてや、そんな己の数字を記事にして公にすることもどうかと思います。
数字を追って、数字に追われる。数字を誓って数字に縛られる。
数字ってときに残酷なものです。
たとえば収益やPV数が数ヶ月連続でダウンしてしまった場合、公にしてる=衰えたって思われる、人の目を気にしてしまう。モチベーションもダウンしてしまう。結果ブログを辞めてしまう。
もしくは、数字をキープさせるために、怪しげな情報商材の宣伝に手をだしてしまう。
さらに同じ穴のムジナな意識高い系のブロガー向けに、極めて内輪受け狙いの楽屋オチな記事を連発です。
仲間同士でクリックし合って数字を保つ。
ブログ自転車操業。
果たしてこれって自由なブロガーなのでしょうか?

普段、社畜たちは数字に追われています。ブロガーも社畜も結局は同じ存在だと思います。
仕事以外で数字に追われたくありません。
自分みたいなクソでもそうなので、もっとまともな会社員さんたちはもっと数字にシビアなのでそれ以上に思っているのでは無いでしょうか。
まぁ、住む惑星が違う、信じている宗教が違うってレベルで思えば、彼らは彼らでそっちの世界で上手くやってくれればいいのです。
ここまでキツイ表現かも知れませんが、逆に彼らに感銘を受けていることもありますよ。
彼らが収益を晒して、会社員の給料並みの金額を晒してくれていること。
生々しい金額を公表していることには感謝しています。
フリーでも頑張ればそこそこで暮らしていけるってリアリティさを感じるからです。

もし彼らが一千万、一億って稼いでいるってわかればそっちの世界へ飛び込んでいたはず。
そして描いていたものとは違うものに縛られて、怪しげな情報商材をブログ上で売りつつ、不安になって仮想通貨に手を出してることでしょう。
そして激しい値動きに一喜一憂しながらストレスで死んでしまいます。
そんな生活はクソなので、わざわざブロガーやユーチューバーって専業ですることでもないなってのが自分なりの結論になります。

20180409 img 02

反面、それでもブロガーには夢を見せて欲しいという思いもあります。
好きなことをとことん追求して、他人の評価を気にしない。収益も関係なく、何者にも縛られない。
まさに「フリースタイル」でブログを楽しんでいる姿を見たいのです。

そして底辺の自分もそこにあやかりたいものです。
具体的に言えば、合コンで知り合ったオネェちゃんにブログ書いてますってアピって、興味持たせていい感じに懇ろになって、夜のワールドカップの監督に抜擢されたいモノです。
いや、むしろ抜いてもらいたい。
そしてスッキリして賢者モードの後に、ワイン片手にPCの前に座り、収益を晒すブロガーたちの仮想通貨が流出・暴落して、お笑いマンガ道場の鈴木義司大先生みたいな土管生活を送ってほしいと願いつつ眠りにつきたいものだゼニ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク