この道を行けばどうなるものか

43才独身、会社員。
クソデブで大酒飲み。
口数少なめ(多分)、飲んだら面倒くさい。
いまの会社で働いて9年経つが、過去に4回の転職歴あり。
仕事も私生活も上手くいかない。
駄目な人間はどうやって生きていけばいいのか?

スポンサーリンク



しばしば、全てがどうでもよくなることがあります。
酒に走って、酒に溺れる。

しばしば、猛烈に死にたくなることがある。
人生も半ばを過ぎ、このまま枯れていくのかという悲壮感で押しつぶされそうになります。

自分の過ちは深く考えずに、がむしゃらにやってきてしまっこと。
10代半ばにはもう自分がおかしいということに気がついていました。
「あれ、こんなはずでは・・・」という感覚。
もっと自分のことを知り、自分の長所や短所を認識し、自分にとって何が一番良いことなのかを突き詰めるべきでした。
どんなに頑張ろうと、途中で逃げ出したらなにも残らない。
自分の弱さをみとめられなかったのです。
そして上手くいかない原因を誰かのせいにしたりしていました。

 

結局、自滅です。

頑張ってはいけない。
無理してはいけない。

そしてなにより・・・
自分のことを理解しなければいけない。
無理して駄目になったらそれは他人にとって迷惑でしかないのだから。

ここから立て直しは至難の業。
でも泥沼にはハマりたくないのは正直な気持ち。
一番大事なのは、自分は無理するとダメになると認識すること。
どうやって楽しく生きて行くか。自分の弱さを自覚してさらけだすことが生きて行くうえで大切だと思います。
弱いくせにそれをさらけ出すことができず、周りの人間にひどい対応をする人を多く見てきました。
それらの人間たちを自分は信用することができない。
自分に向き合い、自分を受け入れて、少しだけの勇気をもって、この流れに抗っていきたいです。

『この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし、踏み出せばその一歩が道となる、迷わずゆけよ、ゆけばわかる。』

この週末に43歳の誕生日を迎えたオッサンの誓いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク