ネガティブなことばっかり言ってる人は人望なんて集まんない話

このブログでは、自分を卑下する自虐ネタをよく話します。
言うなればネガティブブログでございます。

スポンサーリンク



自分では謙虚な姿勢を示すつもりで自虐ネタを書いているつもりですが、そんな人間は謙虚にみられないようです。
最近になって気づきました。愚か者です。
近藤真彦です。萩原健一です。愚か者よです。
俺が俺がのアドリブばかりで肝心の歌詞もうろ覚えです。

自虐話ばかり=自分オンリー=自己中
という図式ができます。
だって自分のことしか話さないんですからね。
相手への気遣いがないのですから。

20190127 img 02

そういう意味では人望集めたいなら、ポジティブな雰囲気を出していたほうがいいのでしょうね。
それでも必ずしも人望を集められるとは限らないですが、ポジティブにふるまっていたほうがまだ可能性があります。
確率ではなく、可能性にかけています。
これもポジティブ思考の一環。
普段の仕事でも不幸を嘆くより、これからどうするかを考えながら発言したほうがいいかもです。

会話のキャッチボールもなく、自分語りばかりなんて相手が辟易しちゃいますからね。
俺が俺がトークはガールズバーでも飽きられちゃいますよね。
少なくとも昨日行った刈谷のガールズバーではカウンターのお姉さんのそんなありがたいお話を聞いてニヤニヤしてました。
自分発信は最小限です。

でも自分には結構難しい事かもしれません。
お姉さんにエロい話をしたかったのに、聞き役ばかりでは不完全燃焼気味ですから。

ガールズバーで話す意識高そうな話なんて、田舎の大学生の男女がドカ雪の降る寮で一晩中「語っていた」っていうような薄っすい話であって、ギラギラせずにもうちょっと会話のキャッチボールができたら懇ろになってたんじゃないかという後悔しかありませんから!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク