【雑記】他人の不幸でメシが旨い話

昨夜は雪が降り続きましたよねぇ。
幸い、翌朝に路面に積もらなかったのが救いですが、路面は凍結&電車はダイヤが乱れて交通パニック。
田圃や畑、公園など人が出入りしないところは真っ白!

で、何が辛かったのかというと昨夜は自分は夜勤だったのです。
当然鳴り止まない電話と捕まらない車。
永遠に思える無間地獄を久々に体験してしまいました。

Img20141119 1

・・・で、こうやってつらい状況になってしまうと人間は卑屈になってしまうもので、もっと大変な人たちの話が興味引かれてしまうのです。

トワイライトエクスプレスまた運休…最終だけに : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

これって雪のせいで運休になってしまうけど、マニアの人がネットで50万円くらいで転売されてるのを落札してるんでしょ?
払い戻しをしても正規の料金(せいぜい3万)しか返金されないし・・・
そう考えると、どれだけのお金を溶かしてしまったんだろうと思うと・・・
そして50万円かけてまで乗りたかった奴にも乗れないなんて・・・

他人の不幸でメシがうまくなります!

例えると、通いつめたキャバ嬢が突然やめちゃうようなモノですよね!
「お前にどれだけつぎ込んだと思ってるんだよ」的な。

こういう、自分より不幸な人を見ることで元気をもらっています。

ええ、自分はれっきとした「クズ」ですけど何か問題でも?

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク