そいつはすげぇや

夜勤から帰宅し、昨夜録画したCSのダチョ・リブレを見ながら朝酒。

ほろ酔いで8時過ぎには床に就くだろう。

連休の最終日。世間は翌日の出勤に備えて静かな夜だ。当然電話もそんなに鳴らず、ある意味平穏な時間が過ぎると思っていた。

本当に思っていたのだ。

然し残念ながら、その願望は粉々に砕け散る。

そう、原因はいつもの男。

以前から、仕事上で、自分の嫌悪の対象な残念な男。

相変わらず、ヤツは師匠と称する同僚とのトークでご機嫌。

そりゃそうだ、電話が鳴らないから、いっぱい師匠と話せるだろうからな。

ごきげんなのはいいが、同僚の先輩にかなり絡む傾向があるようで、昨夜はそのひとりよがりトークに巻き込んでいたようだ。

言い方が悪かった。訂正しよう。

そのひとりよがりなマスターベーション的トークに他人を無理やり巻き込んでいたようだ。

途中、自分は絡まれたかわいそうな先輩に呼ばれ、先輩の席へ。

そこには1枚のメモ

「このアウェイな状況、どうすればいい? ①スルー ②反論(だったような、記憶が曖昧で失念)③合わせる」

と3択での質問。

自分の答えは即答で①のスルー。

理由は簡単、楽だから。相手にするのが疲れる。

それでも絡んでくるなら、相手を絡んでこないような空気に持っていく。

重要なのは相手を寄せ付けない態度とフレーズ。

自分の愛用フレーズは「そいつはすげぇや」

これは結構効果的。相手はなんとなく、近寄るなって空気を無意識で感じ取り、話しかけてこなくなる。むしろ口をつぐむ。

むしろ、今日勤務が重複した10時間で、仕事以外の内容で会話した内容は

「〇〇ちゃん(自分ね)、風邪なの?」(マスクしていたから聞いてきた)

「予防」(自分の返事)

この1回だけ。

むしろゼロでもよかった。

あとは、必要以上にフォローしない。

仕事で困っていることなら、助け舟を出すが、火の粉はお客さんや乗務員からでなく、ヤツから飛んでくるからだ。

今日も勝手に暴走して、火の粉を飛ばして炎上させた。

電話の態度が悪くて、乗務員さんと喧嘩した様子。

激怒した乗務員は乗り込んでくるらしい。

リーダー達に助けを求めていたようだが、悪いけどガン無視した。

態度は逆ギレ、ひとりごとのようにつぶやく。それは報告のつもりのようで、「聞いてます?」なんて追い打ちしやがる。

あまりに礼節を無視した行動。

トラブルを起こした会社員の態度じゃ無い。当然呆れてしまい、タブーだが無視した。自分の班では無いから。今まで何度、この男に振り回されたか、ヤツのせいで早出して、お客様が指定した時間に謝罪の電話を入れたことをオレは忘れない。

だから、ガン無視した。

他のリーダーが、カチコミにきた乗務員さんと話して解決したようだが、見た感じ反省してない模様。

ああいう精神を病んだ人間は、絡まないに限る。

アレで自分は仕事を頑張っていますなんて言うもんだから、片腹痛い。

周りにクソをぶっかけて仕事しているようなものだ。

黙らせて仕事をさせる必要がある。

今度は、「お前、顔面が臭ぇよ!」 

ってフレーズをぶち込んでみて、口をつぐませてみようかな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク