マイナンバーと副業

ブログの広告でささやかながらお金を頂いております。
額も大したことない金額なので特に確定申告をしていません。
確定申告が必要な時とは、「年間所得金額が20万円」というのが基準になるそうだ。

でも油断は禁物。
簡単に副業とか年間20万以下は確定申告不要とか言っても、それがアルバイトで「給料」としてもらっていたら給与所得扱いで少なくても確定申告が必要らしいです。
なぜなら、年末調整をしてくれる会社は「本業の会社1か所のみ」と決まっているから。
したがって、副業の収入源が給与収入である場合、20万円以下であっても確定申告をする必要が出てくるのです。

ブログの広告収入は「雑所得」に該当するようです。
給与所得で年末調整を行なっており、かつブログの広告総収入から必要経費を差し引いた金額が20万円以下であれば、確定申告をする必要はないらしい。
逆に20万円を超えたときに確定申告をする必要があります。

たとえば、ブログからの広告収入総収入が20万円だったとしても、そこから必要経費を差し引いて20万円以下になれば確定申告の必要はないそうだ。
必要経費には、レンタルサーバー代やドメイン取得代、コンテンツ商材費などを含めることができる。
ブログ記事に関する交通費や消耗品費なども認められる場合がある。でも足を使ってこんな珍奇な文章を書く価値はあるのかね…

Img20151216 1

それでも心配なのが「マイナンバー」の導入。
税金や社会保険の関係でマイナンバーから逆引きで、収入が丸裸になりゃしないかと心配です。
意外とそういう人って多そうです。

一応、マイナンバーは税金、社会保険、災害対策の3分野にのみ活用することができる上に利用目的も厳しく限定されているとのこと。
そのため「マイナンバーが始まるから」という理由から副業がバレるということは考えづらいらしい。
でもお国が始める制度って、国民からお金を搾り取るためのものでしょ?
都合の悪いことも関係ないだろうしね。

不安がつきません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク