戦うあなたは美しい

1932年、アインシュタインとフロイトの間で交わされた有名な書簡がある。
アインシュタインが国際連盟からの依頼に応じたもので、彼が選んだテーマは、「ヒトはなぜ戦うのか」
フロイトからの回答は、「人間から攻撃的な性質を取り除くなど、できそうにもない」とある。
アインシュタインも、人間には闘争本能があると前提していたようだ。

 たしかに、当時はマクドゥーガルが理論化した人間の本能としても、逃走や拒否、性、模倣などと並んで闘争があげられており、闘争本能の存在は一般に信じられてもいたのでしょう。
しかし現在、闘争本能という言葉は日常的にはともかく、学問的にはほとんど使われないと思います。
動物行動学などの成果から本能そのものへの考え方が変化してきたことが背景にあるけれど、そもそも「人間が戦うのは闘争本能があるからだ」なんてのは、同語反復に過ぎないからです。

スポンサーリンク



話は変わって現代の問題。
戦いとは真逆の平和。戦争はお互いに違った主張・利益を勝ち取りたい国同士の闘争。
武力を使って敵国の国民の命を奪う。勝者に栄光と平和、敗者には屈辱と衰退が待っている。
そもそも平和のために戦争をするのは何故?って疑問を反戦運動にのめり込む人達は使う。冒頭に触れたように人間には闘争本能が備わっているからだ。
長い地球の歴史を追っても人間はずっと争ってきているし、それ以前にも動物や恐竜だって抗争があったはず。
それが「生きる」ということでしょう。

Img20151225 1

戦うのは「戦争」だけではない。
自分との戦い。あるいはスポーツ。コンテスト。色々と戦う分野がある。
そういう意味では、反戦運動にいそしむラブだのピースだのとお花畑的な事を声高に叫ぶ晩年のジョンレノンかぶれな人達は自分を人間ではないと否定してるようなものです。
だって人間の本能を否定してるからね。

子供達にも刷り込んでいるでしょ?
友情、努力、勝利って。少年ジャンプが訴える三原則が。
ジャンプ世代のオッサンは今も脳裏に刻まれています。

友情・努力・勝利の三原則に絡んで…
決して戦うのは自分だけではない。同じ戦場に立つ仲間もいる。
その先には、戦う当事者よりもそれ以上に応援してくれる人達もいる。
戦う人はそういう人達のために、喜ぶ顔が見たいから「戦う」のだとも思う。

応援する人達も1人では無力を感じて団結して応援する。
頑張る姿を通して相手にその熱意をおくる。その熱意は物理的な物ではなく、気持ちとして伝わるものだ。
甲子園で頑張る球児を見てたらのめり込むでしょ?
そういう連帯感を通して、あらゆる困難に向かって戦う人は尊敬するし、その姿勢は容姿とかではなく、生き方として美しい。

そして僕は力を込めて応援する、ともに戦い、想いを伝える姿を目の当たりにしてしまいた。

何かって?

これです。

Img20160125 2

アイドルのファン

日曜日の近所のイオンのイベント広場でやっていた知らないアイドルのライブ。
座席の前半分は追っかけのおっさんたちのファン軍団。
チェックのシャツをまとい、両手にサイリウム(明るい広場だけど)
10人ぐらいの集団は、応援に熱中する。アイドルが歌えばおもいっきり動いてサイリウムを振りまくる。最初からではなくて流儀があるのか、「パン・パ・パンヒュ~」って踊っている。
アイドルは売れるためにドサ回りの営業をする。スターダムを駆け上がるために文字通り「戦っている」のだ。
そこでの戦いはやはり美しいものだ。

ファンだってどこでイベントがあろうと必死で西へ東へと追いかけてステージ前面を占拠して、たとえアウェイでもいつもと同じパフォーマンスができるように「ホーム感」をだして応援する。
彼らも戦っているのです。
その姿は…
ネルシャツにオリジナルのキャップ、ハッピをまとい独特のコール。曲の合間のMCに大きなリアクションや合いの手。
その姿は美しい…

ゴメン、やっぱり醜いな!

いい年こいたオッサンが知らないアイドルに媚びてる姿ってキツイよね!

冒頭にアインシュタインとかマクドゥーガルとか闘争本能とか書いて、この姿を理論的に受け入れようとしたけどやっぱり無理でした!

あの姿を家族が見たら縁を切られて死んだら無縁仏になっちゃいますよ。
もちろんその墓は、売れなくてやさぐれてしまったアイドルちゃんが蹴りまくって墓ドミノをして遊ぶためのものになっちゃうけどね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク