飲みまくり。串にかぶりつく夜

会社の仲間に誘われて名駅辺りで二軒はしござけ。

この記事を書いてるのも、終電間際の電車に間に合って一息ついた所。

楽しく飲んだ後の8時間後にはまた職場の椅子に座っていると思うとゾッとするけど、こればっかりはしょうがない。

10年前ならこんなことも余裕だったのにっていう想いと、楽しんだからまぁいいんでないの?的な想いが錯綜している状態です。

今とりあえずいえるのは、「ゆっくり寝させて!」ってことだけですかね?

あぁ、血中のアルコールを抜くために、人工透析できたらなぁ。

Posted from SLPRO X for iPhone

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク