Currently browsing tag

110:音楽

ハナレグミ&忌野清志郎 サヨナラCOLOR

  最近YouTubeでヘビーローテーションです。     永積さんの歌声だけでは、この歌を切ない曲だと勘違いしてました­。 後半の清志郎さんのおかげで、元気をもらえる曲なんだと気付きま­し …

IKUZO BILLY JEAN

世界のMJでも他の曲でも、なんでも溶け込んでしまう曲がある。 吉幾三の、「オラ東京さいぐだ」である。 何気にYouTube見てたら引っかかった。

フラカン泣きの1曲 [深夜高速]

最近、通勤中のiPodから流れてくる1曲を拾って記録しています。 シャッフルで無作為に選択された曲に打ちのめされるためです。 今夜は、フラカンに混紡で殴られた感じでした。  

JB? ハマケンだよ!

今、一番見に行きたいライブは、在日ファンク。 だけど、名古屋からは遠いなぁ。     JBっぽいけど、この日本語での言い回しのセンスはさすがだよ。 結構、JBの影響を濃く受けたバンドは多いだろうけど、 …

遮光カーテンと翳りゆく部屋

夜勤明けで帰宅。外は明るいが、今から眠りに入る。 そのために、太陽の光が入らないように、部屋はカーテンで光を遮る。 カーテンの裏地が厚い遮光カーテンで、一気に部屋は暗くなる。そして気分もだ。

いい事ばかりはありゃしない

  基本的に社畜な自分はハートが弱く、こういう曲にハッとしてしまう。 時にiPodをランダム再生にしていた場合、流れる曲にはっとしてしまい、大概の場合、あんまりメッセージ性のない曲でも勘違いしてしまう傾向がある。

[馬場俊英の旅人たちのうた]の歌詞にしみじみする

  仕事につかれたおっさんホイホイ的な音楽に弱くなてきた今日この頃。 馬場俊英にもやられてしまう。   泣き虫な君は百万回 涙をこぼしたけれど その度に 君が 百万回 泣き止んで来たように いつか 悲 …

[RhymsterのOnce Again]を聞くと前を向ける

  仕事終わりに、iPodからRhymsterのOnceAgainが流れてきて、久しぶりにココロに染みる。 弱っているときに聞く前向きな歌はある意味麻薬か?   風はまた吹く 気付かないならかざしな  …

聴けば聴くほど聴きこんでしまう在日ファンクがすごい

最近知ったのだけど、在日ファンク。 ジェイムス・ブラウンから流れをくむファンクを、日本に在りながら(在日)再認識しようと、音、思想、外観から試みる。   もう5年前からあったなんて、もっと早く知っていればよかっ …

ヒマの過ごし方

夜勤の一発目を終えて帰宅。 今夜に備えて仮眠を取るところだ。 はっきり言って、年末の慌ただしさとは打って変わって、静まり返った状況。 そりゃそうだ。 世間一般は明日から仕事始めという企業も多く、そんな前日は推して知るべし …

[そのぬくもりに用がある]がココロに染みる

最近弱っている。 心身ともに、特にメンタル部分。外ではタフで有るべきと、図太く豪傑を演じているつもりだが、酒が入るとどうしても崩れる。 岡村隆史のように「パッカーン」となる要素はいくらでもあると思う。   メン …